風俗嬢の本音|介護職の男性と剃毛プレイ♪泡踊りでお返し♪

質問っ!!
あなたはこんな美少女達が使っている出会い系を知りたくはありませんか?

↓この女の子の実体験談はこちらをクリック↓ fuuzoku

今日のお客様は、ご自宅でのサービスを希望。

男性の一人暮らしにしては、きちんと片付けられた部屋に通され、
お客様も神経質そうで、ものすごく小声でボソボソ喋る方で、
ほとんど声を聞き取れないくらいでしたね。

それでも、サービスに影響はないからまあいいか思っていたら、
「すみません、毛剃らせてもらえませんか。」
聞き間違いでなければ、毛を剃らせろと言っているみたい!びっくりしましたよー。

整理された洗面所から剃毛セットを持ってきて、
浴室にはもうビニールベッドが敷かれて準備万端、剃る気満々って感じでした。

「あ、アソコの毛は剃らないんで。オシゴト困るでしょ」と言いながら、
私を寝かせ、慣れた手つきでブラシを使って石鹸を泡立て始めました。

「ずいぶん慣れてますけど、お仕事で使ってるんですか?」と尋ねると、
「僕、介護職やってます。ただ、剃毛はあんまり上手くなくて、
さりげない会話とかもできないから、緊張の空気でますます相手を不安がらせるんです。」

ヾ(-ε-; )ォィォィちょっと待って~、じゃ、私は実験台?と心の中でツッコミを入れると、
「風俗の人とかお喋り慣れてるだろうから、上手い会話の糸口とか教えてもらえたらいいかなって思って。」
と言うお客様の様子がとても一生懸命で、初めて風俗に入った時の自分の姿を思い出しました。

こうなると、お節介虫が出てくるのが私の悪い癖( ̄ー ̄)。
「会話の糸口は、相手を良く見て、一番気を使っていそうなところを一つ褒めてあげるの。
年配の人だったら、顔色とか目の輝き髪型。一番印象に残ったところを褒めてあげると、
誰でも嬉しい気持ちになりますよ。でもお世辞はダメ、すぐにばれちゃいます」と教えてあげました。

いつの間にかお客様の表情が和らいでいて、でもプロらしい手さばきで、
首筋から腕、足と全身をツルツルに剃りあげて下さいました。

「いつの間にか、緊張が取れてました、ありがとうございます」
と言うお客様が余りにも健気で可愛くて、ついつい押し倒して石鹸にローションを混ぜて、
泡踊りでお返ししちゃいました。

しっかり時間内にフィニッシュして下さったので、お互いプロとして大成功な時間だったかな(*ノ∀`*)☆。

風俗好きのあなた!!
みなみが風俗に初出勤した日の記事を読んで下さい♡
(できたらコメントちょーだいねw)

≫みなみの風俗デビュー記事はこちら

コメントを残す